紫外線対策は1年中が基本

シミを作らない方法!

シミを作らない方法!

シミを作らない方法。シミ対策に役立つ美白化粧品をご紹介しています。

紫外線対策は1年中が基本

紫外線対策は1年中が基本

シミの原因になる紫外線。

紫外線を浴びる事で皮膚はお肌を守ろうとしてメラニン色素を作ります。このメラニン色素がお肌の中に溜まってしまうとシミができやすくなります。

シミ対策を行う際、紫外線を浴びないという事が最善の方法になるのですが、生活をしている中で太陽の光は必ず浴びるものです。

また、シミ対策は時期的に行うのではなく、1年を通して行う事が基本です。

先ほどの述べたシミの原因のメラニン色素は1年中作り出されているものなのでシミができてからケアを行う、日焼けしやすい夏の時期だけケアを行う、という事では対策にはならないんですね。

シミは一度できてしまうとそう簡単に消す事はできません。後から後悔してしまわないように日頃から紫外線対策を行なってシミができるのを防いでほしいと思います。

そこでここでは紫外線対策に役立つアイテムをご紹介したいと思います。

紫外線を遮断できるアイテム

1.日傘

紫外線対策として多くの人が愛用している日傘。日差しが強い日には街中でも日傘を持ち歩いている女性を多く見かけますよね。

でも日傘といっても種類があり、遮光率の高い日傘とUVカット率の高い日傘があります。紫外線対策を行いたいならUVカット率が高い日傘を選ぶようにしましょう。遮光だけでは紫外線をカットできませんので注意してくださいね。

あとは外側、内側、共に黒の日傘を選ぶこともポイントです。

白より黒の方が紫外線の吸収率が良いです。特に内側は黒を選ぶようにしましょう。地面の照り返しからも紫外線を浴びますので、紫外線の高い黒の日傘を選ぶことは必須です。

2.UVグラス

UVグラスを使えばシミができやすいこめかみや頬のシミができにくくなります。

UVグラスの大きさとしては目元がすっぽり隠れるくらい大きめのサイズを選ぶといいでしょう。UVグラスは季節問わずに使用できるので紫外線対策の必須アイテムです。

また、UVグラスは紫外線から目も守ってくれます。紫外線は目にも悪影響を与えるものなので紫外線が強い日にはUVグラスで紫外線対策をして欲しいと思います。

3.ロングローブ

夏の時期、1日中半袖で過ごす方がほとんどですよね。

顔は日傘やUVグラスで紫外線から守る事ができますが、身体はそうはいきません。特に半袖で露出されている腕は1日中半袖でいると紫外線をもろに浴びてしまいます。

そんな時に役立つアイテムがロングローブです。

通気性が良く、汗の吸収性も良ければ暑い夏場にロングローブをつけてもそこまで苦になりませんよ。ロングローブは安いものでは1000前後で購入する事もできるので是非、ロングローブを使って紫外線対策を行なってほしいと思います。

【関連サイト】
お腹の脂肪を減らすサプリ